目じりのしわ

「しわ」や「たるみ」というのは、女性の永遠の悩みの1つとも言われています。
そのため、美容外科で若返りを試みる人も少なくありません。
美容外科で行う方法には、美容注射やピーリング、皮膚再生法など色々な種類があります。
こうした施術を受ける際には、自分に合った方法を選ぶことが非常に大切となります。
人それぞれ悩みも違えば、肌の状態やライフスタイルも違います。
そのため効果だけに目を奪われて選んでしまうと、後々困ることもあるのです。
というのも、施術方法によっては腫れが引くまでに時間を要するものもあります。
また、ダウンタイムの強いものから弱いものまであるのです。
そうした事も念頭においておかないと、家族には内緒でやりたい場合や人前に出る仕事がある場合など、支障をきたしてしまうことも有り得ます。
「どの程度」「どんな感じに」しわやたるみを改善したいのかと同時に、自分のライフスタイルも明確に医師に伝えることが大切です。

施術後の効果持続

せっかく施術をして「しわ」や「たるみ」が解消したとしても、すぐに元に戻ってしまったのでは意味がありません。
そこで少しでも効果を持続させるには、軽いマッサージが効果的です。
ただしマッサージといっても、極軽くが基本となります。
絶対に擦らず、軽く触れる程度で顔全体を優しくマッサージするのです。
こうすることによりほどよく顔の筋肉が刺激され、効果の持続にも繋がっていくのです。
これはお風呂に入りながらやると、効果が出やすいとのデータ結果もあります。
しかしやり過ぎは逆効果になるので注意が必要となります。
また、施術前にも同様のマッサージを行っておくのも良いと言われています。
期間は短くても一週間くらいはやった方が、効果は期待できます。
顔の筋肉や肌というのはとても敏感です。
そのため今まで何もやってなかった状態でいきなり施術をすると、極稀にですが軽い痒みやカサつきを感じてしまう人もいるのです。
それを避けるためにも、程よい刺激を与えておくことは有効なのです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031